ICT教育

主体的に学び、感じたことを表現するために。

1人ひとりの「もっと学びたい」「もっと表現したい」という想いに応えるため、ICT教育に力を入れています。
単にタブレットを使った授業ではなく、柔軟な学びのコンテンツを開発し、発展的な教育を実施しています。

  • 理科科 × ICT
    2019年度より、1人1台のタブレットPCを追入し、実験の様子を記録したり、グラフや表などの資料を作成したり、 レポート作成や振り返り学習をしたりする際に役立てています。また、探究学習の発表においても関連資料のスピーディーな収集などに活用しています。
  • 社会科 × ICT
    社会科では、学びを社会へ発信し還元 させることを目標に授業を展開。 今年は防災科学技術研究所を訪問し、「防災イメー ジアップ作戦」をテ ーマとしたプレゼンションを行いました。 生徒たちはインターネット等で調べ学習を行い、Power Pointを用いて資料を作成しました。
  • ボランティア × ICT
    池袋の宮城ふるさとプラザにて「星美っ子出張販売」として直接お客様とふれあいながらのイベント販売を実施。 活動内容や当日出品する商品について、創意工夫を凝らしたTwitterとlnstagramで紹介し、発信力を高めています。

第9回 TWICE AWARD企業賞グランプリ獲得!

黒星美では国や企業から出されたミッションに対して、様々な形でチ ームメイトと協働して課題解決を目指す取り組みを積極的に行っています。 教室での学びをそこで完結させず、社会還元することで学ぶ喜びにもつながります。2018年にはトゥワイス・プランのプログラムに挑戦しました。 姉妹校のサレジオ学院との合同チームで “企業インターンワーク” に参加し、企業賞とグランプリを受賞しました。