入試Q&A

  • 通学時間、家庭状況、国籍、宗教など、特に制限はありません。試験の成績によって合否を判定いたします。

  • 高熱や体調不良で試験会場での受験が困難な場合は、保健室で受験することができます。

  • 第1回〜第3回の入試では、2教科または4教科の合計点で合否を判定します。発想力入試も試験と作文の合計点で判定します。 それぞれに足切点はありません。

  • 合格者の75%をすべての受験生の2教科(国語・数学)の合計点で選抜します(ただし、英語1教科受験は除く)。 残り25%は4教科受験生の4教科合計点で選抜します。

  • 1時間目の試験終了時刻(午前入試は9:50、午後入試は16:50)までなら受験可能です。必ず電話連絡の上、ご来校ください。

  • 試験当日、大雪などにより交通機関に遅れが生じた場合、状況を判断し、全体の時間をずらして試験を開始する予定です。 ホームページや電話で随時情報をご確認ください。

  • 只今、準備中です。

  • 入試における2科(国+算、または発想力作文+発想力試験)の得点率(85%~、80%~、75%~)に応じて、 特待生(A~C)とし、それぞれに「1年間の授業料+入学金全額免除」、「入学金全額免除」、「入学金半額免除」の優遇措置を与える制度です。 合格された方で、特待生制度の基準に達していない場合は、 その後も基準を越えることを目指して受験をしていただくことは可能です。

  • 「入学者に本校中高に在籍する姉がいる」または「入学者が双子の妹などである」場合、入学金10万円を免除、 「入学者の親が学校法人星美学園の高校・短大卒業生である」場合、入学金5万円を免除する制度です。

  • 合否に一切関係いたしません。

  • 繰り上げ合格は電話でご連絡いたします。2月6日(木)の正午より1週間くらいの間にご連絡いたします。 なお、電話は連絡がとれるまでいたします

  • 英語筆記試験は、作文・読解問題・英文法から成っています。読解問題は、英語の文章を読み、質問に英語や日本語で答える形式です。 英文法は英語の知識を問う問題で、TOEIC BRIDGEのような選択問題です。面接は受験生および保護者に、日本語および英語で質問します。 内容は海外での生活の様子、帰国後の様子などです。

  • 発想力作文
    複数の問題から成り、20~200字程度の作文を書く試験です。与えられた課題に対して何を書くかを短い時間でまとめ、 文章の組み立てを考え、筋道立てて表現する力を見るものです。
    (時間:50分 配点:100点)
    発想力試験
    柔軟で多様な発想をし、解答を導く力を見る試験です。主要教科にとどまらず、幅広い分野に関心を持っているか、学力だけでなく 推理・判断する力を備えているかを問う問題が出題されます。公立中高一貫校の適性検査型試験に準じた形式です。
    (時間:50分 配点:100点)

  • 算数
    ①基礎的な学力や思考力をみることに重点を置いています。
    ②計算は、正確に、速くできることが必要です。
    ③図形問題では、図形を利用して考える力をみる問題を出題しています。
    <<勉強方法として>>
    単純な問題、形式的な問題だけの勉強をしないようにしてください。柔軟な『思考力』がつくように工夫して勉強してください。

  • 国語
    ①基本的な学力をみる問題を中心として出題しています。
    ②論理的な思考力と心情把握を問うものを主としていますが、知識を問うものも多く出題しています。
    <<勉強方法として>>
    読書になじみ、また自分でものを考え、書く習慣を身につけてください。小学校で習う漢字は確実に書けるように、よく練習しましょう。

  • 社会
    ①基本的な学力をみる問題を中心として出題しています。
    ②時事的な問題も出題します。
    <<勉強方法として>>
    重要な都市・地方などは地図上で確認してください。問題に慣れるためにも、標準的な問題集を使用して練習問題を解いてみるとよいでしょう。 新聞やテレビなどを通して、日頃ニュースに関心を持つようにしてください。

  • 理科
    ①基礎的な学力を問う問題を中心に、その応用問題も出題します。
    ②実験や観察に関わる問題を重視しています。
    ③物理・化学・生物・地学、ほぼ同じ割合で出題します。
    <<勉強方法として>>
    教科書は本文だけでなく、図や写真などもよく見て理解するように心がけてください。 普段から理科に関連した出来事に興味を持ち、観察したり考えたりする習慣を身につけてください。

  • 英語
    ①リスニング、リーディングは、英検4級(1次試験)に準じた問題です。リスニングでは、絵を見て答える問題や、 会話のあとに続く文を選びます。リーディングでは、広告やEメールなどを読み、情報を検索する能力を問います。
    ②ライティングは、GTEC for Students(BASIC)のライティング形式に準じ、自己紹介文を書きます。
    ③面接は、英検3級(2次試験)に準じ、ネイティブ教員により行われる英語での質疑応答です。
    <<勉強方法として>>
    普段から英語に触れる機会を多く持ち、積極的に英語を使う習慣を身につけてください。 リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各技能を総合的に身につけ、英語に興味を持って勉強してほしいと思います。