• [ REGULAR CLASS ]

    本科クラス

    「熱く探究する生徒」の育成を目指します。軸となるのはPBL 型授業とゼミ。ゼミでは、学問の枠組みを超えて、生徒個人の「熱意」に火をつけ、生涯の探究課題を見つけていきます。

  • [ INTERNATIONAL CLASS ]

    インターナショナルクラス

    「グローバルに活躍できる生徒の育成」を目指し、英語で論理的、批判的、創造的な思考を深め、発信する力や表現する力を育て、将来的に国際社会で活躍できる人をめざします。

本科クラス

自ら設定した研究課題に
取り組むゼミ授業

ゼミとは生徒が自らテーマを設定し、研究に取り組む個人探究活動です。3段階に分けられており、1年次の「プレゼミ」では研究の手法を学び、2年次から中学卒業までの「ゼミ」でテーマを決めてリサーチを進め、4年次から5年次にかけての「ゼミEX 」ではさらに研究を深めます。そして最終的に、研究活動の集大成を論文やプレゼンテーションの形で発表します。
「自然科学」「人文社会科学」「数理情報プログラミング」という3つの学問領域に対し、それぞれいくつかのゼミを開講。本科生は一つのゼミに所属し、約4年に渡って研究活動を行います。自分でテーマを設定し考え続けることに加え、ゼミ内でのディスカッションあるいは他ゼミに所属する生徒とのコラボレーション、さらにはデータの解析やプレゼンテーションなどを経験することで、本校の掲げる「世界市民力」を形成する5つの能力を習得していきます。

開講講座例

本科クラス

ゼミ授業 学習の流れ

本科クラス

総合型選抜にも対応

本科クラスの学びは、学習への姿勢や目的意識が問われる総合型選抜にも優位に働きます。PBL型授業・ゼミ・ボランティア活動の中で、社会に触れ自分の考えを伝える機会を得ることで、面接やプレゼンテーションなどで必要な表現力はもちろん、社会課題に紐付いた学習意欲が芽生えます。また、PBL型授業でのトリガークエスチョン(教員から投げかけられるテーマの核心に触れた問い)の多くは総合型選抜を始めとした大学入試を参考に作成されます。

カリキュラム単位

↓クリックで拡大できます ↓タップで拡大できます 本科クラス

インターナショナルクラス

英語レベルに合わせた
2つのグループを用意

英語・数学・国語・理科・社会の授業は、英語力に応じてスタンダードとアドバンストの2グループに分けられます。スタンダードは、入学時の英語力は問わず、これから語学力を身につけて国際的に活躍したいと望む生徒のためのグループです。ハイレベルな英語力を前提としたアドバンストでは、数学・理科・社会の授業も英語で行われます。※ホームルームおよびその他教科のクラスは英語力に関係なく編成されます。

インターナショナルクラス

世界に通用する発信力を育むサレジアン・アカデミック・プログラム(SAP)

サレジアン・アカデミック・プログラム(SAP)は、インターナショナルクラス独自のプログラムで、週2時間外国人教員が主導し、スタンダードとアドバンスト混合で実施されます。ライティング・スピーチ・プレゼンテーション・ディスカッション・ディベートなどの実践を通して、英語で思考し世界に発信する力を強化します。

インターナショナルクラス

カリキュラム単位

↓クリックで拡大できます ↓タップで拡大できます インターナショナルクラス