メッセージ

愛された体験
信頼ある関わり土台に

「世界市民力」を育み、
Faccio io の精神のもとグローバル社会に羽ばたこう皆様に、
心よりご挨拶申し上げます。

サレジアン国際学園世田谷は、創立者聖ヨハネ・ボスコと聖マリア・ドメニカ・マザレロによって創立された扶助者聖母会(サレジアン・シスターズ)を設立母体とし、その創立当初より今日に至るまで、聖ヨハネ・ボスコと聖マリア・ドメニカ・マザレロが青少年に対して抱いていた限りなく深い愛情を受け継いで、両人の大きな夢であった青少年教育に従事して参りました。「青少年が、愛されていると実感できるように愛すること」「愛情によって信頼が生まれ、信頼に基づいて教育すること」「青少年といつも共にいる(アシステンツァ)教育」が、まさに現代社会において、どれほど重要であるかを実感させられます。
ところで、私たちの住むこの世界はますます変化しています。私たちは想像を超えた未知の出来事と絶えず遭遇し、それらの対応や解決を常に求められることでしょう。

これからも私たちは、社会環境や政治・経済・文化活動全般にわたる急激な変化に対して、青少年一人ひとりが、十分に適応できる能力を身につけていける学習環境をしっかりと構築していきたいと考えています。

こうして、創立者たちが実践し、私たちが受け継いできた予防教育法と温かい教育環境の中で、豊かな心と個性を育みながら、人類の歴史の大転換期である21世紀に、世界市民力を身につけて、愛と喜びにあふれた世界を創造する青少年の育成に励んでまいりたいと思います。

これまで学園を支え、励ましてくださいました皆さまに心からの感謝をお伝えするとともに、サレジアン国際学園世田谷中学高等学校へ寄せられるご期待に添うよう尽力してまいります。

サレジアン国際学園世田谷
理事長 Sr. 鈴木 裕子