世界市民力を育み、
国際社会で活躍していく力を
身に付ける6年間

中学・高校それぞれに本科コースとインターナショナルクラスを用意しています。 4年生に進学する際に、本科コースとインターナショナルクラスの選択の変更希望を出すこともできます。それぞれ基礎学力や学問に向かう姿勢を身に付けた上で、論理的思考力やプレゼンテーション能力を身に付けていきます。

横スクロール

6年間の学び

  • ポートフォリオ制作

    R I

    本科クラスのゼミ、インターナショナルクラスのSAP、そしてPBL型授業などの諸活動、生徒たちは「考え続ける力」を養っていきます。この過程において思考したことを蓄積していくものが「ポートフォリオ」です。生徒が自身のキャリア設計図を描くときに必要なのは、いままで何を体験して何を考え、将来どのように社会に貢献しようと考えているのかということです。本校では「Classi」という教育プラットフォームを活用しながら、生徒一人ひとりの10年後、そしてその先を一緒に考えていきます。

  • キャリアエデュケーション
    プログラム

    R

    本科クラスには、学習サポートとキャリア教育の二軸で、個人の夢や希望を最大限に応援するプログラムがあります。学習サポートとしては、生徒個人の状況に合わせたフォローアップ講座や、発展的学習に取り組む充実の講習を用意。キャリア教育においては、早い段階から自分の性格や適性を知り、進路目標を定めます。また、4・5年次の進路選択ではチューター制を採用し、複眼的な見地からキャリアカウンセリングができる体制を整えています。

  • サレジアン アカデミック
    プログラム(SAP)

    I

    インターナショナルクラスの特色の一つがこのSAPです。SAPでは週2時間、スタンダードとアドバンストが共に活動し、段階に応じてプレゼン、ディスカッション、ディベートの作法を学び、実践していきます。テーマは環境問題、社会問題、文化学と多岐に渡ります。また、1年次より世界中の兄弟校と国際交流を行い、3年次では模擬国連形式での議論や交渉、スピーチなどを行う予定です。4年次での長短期の留学(任意)につながる学びであり、キャリア教育とも連動しています。

  • 資格・検定試験対策
    (英語検定GTECなど)

    R I

    本科・インターともに、1年次より英語検定・GTECを校内で全員受検し、自らの到達度を知るとともに英語学習へのモチベーションを高めていきます。2次試験対策やスピーキング・ライティング対策は、日ごろの英語の授業内容とも重なり、さらに、昼休みや放課後に個別に外国人教員からも指導を受けることができますので、自信をもって試験に臨めます。高校では海外大学進学を見据えてIELTS、TOEFL、SAT対策の手厚い指導を外国人教員から授業内外で受けることが可能です。