入学式

新1年生にとって、今日から目黒星美学園での新しい学園生活が始まります。4月は、オリエンテーションや新入生歓迎会など、新1年生のための様々なイベントも用意されています。クラスメイトもクラブ活動も、新しい出会いが待っています。

オリエンテーション

1年生は、入学式から3日間にオリエンテーションを行います。この期間に、校則や学校生活で気をつける点などの説明を受けます。また、礼法や図書の特別授業を受けたり、隣接する砧公園に出かけ、レクリエーションをしたりしながら、少しずつクラスメイトとの交友を深めていきます。

新入生歓迎会

4月に新入生が入学すると、各クラブの上級生がクラブ紹介を行います。運動部も文化部もそれぞれの特徴を活かした新入生がアッと驚くようなアピールを考え、毎年試行錯誤を繰り返し準備をしています。

春の公演

4月の第3週から第4週にかけて、ラウラ・メモリアルホールでは「講堂4団体」による春の公演が行われ、連日客席は生徒で一杯となります。「講堂4団体」とは、いずれも舞台を発表の場とするダンス部・合唱部・管弦学部・演劇部の4つのクラブです。この4つのクラブは、前年度から準備を進めて、この春の公演に臨みます。各公演は、これから入部するクラブを決める新入生にむけて、各部にとっての大きな勧誘の場ともなる、楽しい春の恒例イベントです。

体力テスト・身体測定

4月下旬、この日は、1日かけて全校生徒が体力テスト、身体測定、健康診断を行います。毎年、体力テストでは、去年の記録を更新しようと、一生懸命取り組んでいる生徒の姿がみられます。

ページトップ

九州 修学旅行(5年生)

5年生の修学旅行では、九州の平戸から長崎・天草・熊本を巡ります。
1日目は、羽田空港に集合し、福岡空港からバスで平戸に向かいます。最初は紐差教会を訪問します。長崎の教会群は世界遺産登録の勧告が出ている貴重なもので、日本の古くからの文化の一端を見ることができます。また、生月島の館では、捕鯨や隠れキリシタンの文化に触れました。
2日目は、平戸の班別行動、出津教会の見学、如己堂・長崎の平和祈念公園・原爆資料館を巡るコースです。平戸ではザビエル教会・松浦資料館・オランダ商館などを見学します。ガイドさんからは永井博士の生涯について解説していただき、普段のトーンとは違う語りのあり方に生徒たちも引き込まれていました。そうしたお話があったあとに平和祈念公園では、生徒たちが事前に作成した千羽鶴を奉納し、献花した上で黙祷を捧げました。
3日目は、長崎での班別自主研修と平和学習でした。二十六聖人殉教の地へ向かい、ザビエルの手紙などの貴重な資料を見学したのち、班別自由行動となります。事前に調べたルートに従って、チェックポイントの大浦天主堂・グラバー園に加え、出島や長崎歴史文化博物館、孔子廟など、各班が工夫したコースを回っていました。途中ハプニングがあり、予定通りに行かなかったこともあったようですがそれも旅行の醍醐味。夜は被爆者の八木さんにお話をしていただきました。資料では伝わらない、音・におい・声などを含めてお話いただき、生徒たちは深い悲しみを知り、平和への思いを新たにしたようです。
4日目は、浦上天主堂を見学した後に長崎をあとにし、熊本県天草を目指します。浦上天主堂は、原爆によって大きく倒壊した場所であり、さらに江戸時代に絵踏みが行われていた庄屋があった場所でもあるのです。そうした歴史を抱えた場所でお祈りを捧げました。天草地方へはフェリーで渡航し、昼食は海鮮バーベキューです。普段食べることのないものに、生徒たちも楽しそうに盛り上がっていました。大江天主堂ではミサに預かりました。東京では見ることのできないような、素敵な内装の教会でミサをあげたことに生徒たちも感動していました。
最終日5日目、この日は天草五橋を通り熊本へ入ります。熊本城では、加藤清正や西南戦争に関する資料を興味津々に見たり、天守閣やお城をバックに記念写真を撮影したり、思い思いに過ごしていました。短い滞在時間でしたが、熊本城をあとにして向かったのは阿蘇山です。近年、火山活動を活発化しているので、河口付近へロープウェイで向かうことはできませんでしたが、外輪山の中に入ると「これ、中側すべてが火山だったのですか?」など、圧倒的な自然の威力に畏怖の念を持ったようでした。この5日間は、友人との時間にしても、経験したものにしても、とても濃密な時間を過ごしたと思います。この旅行で得たものが生徒たちの新たな価値観を造り、一生の思い出となったことと思います。

聖母祭

5月は「聖母マリアの月」であり、学園では全世界のサレジオ会系の兄弟校・姉妹校とともに聖母祭を祝います。9日間「徳の花」と称する良い行いを励行して準備し、当日は全校生徒でミサにあずかります。

校長面談(1年生)

5月の中間試験明け頃から、1年生と校長先生の個人面談が始まります。楽しみにしていること、不安に思っていること、新しい学園生活について、これからの目標について、全員が校長先生とお話をしていきます。一人ひとりを大切に見守り、共に在る教育。少人数教育の本校ならではできる取り組みです。

ページトップ

球技大会

学年対抗による球技大会では、白熱した試合、熱い声援が送られます。中高別のトーナメント形式で、全部でバスケットボール、バレーボール、キックベース、テニス、卓球の5種目で争われます。中高それぞれの優勝者同士が激突する中高決戦を制することが、総合優勝のカギとなります。

防災訓練

防災教育に力を入れる本校では、毎年恒例の消防署の方を招いて防災訓練を実施し、地震や火災など様々なケースを想定して、消火訓練や避難経路の確認、通報の練習などを行っています。また、校内も耐震対策を進めているほか、企業とのタイアップで災害時の簡易トイレの開発を行っています。

芸術鑑賞

6月の土曜日に芸術鑑賞を行ないます。1・2・3年生は伝統芸能(狂言・落語・和楽器演奏など)を、4・5年生は国立劇場に赴き歌舞伎を鑑賞します。

ページトップ

野外活動(1・2年生)

7月下旬、2泊3日で野外活動を行います。日常と異なる豊かな自然の中で仲間と生活を共にして友情を育み、人間的にも大きく成長する絶好の機会です。

カナダ語学留学

夏休みの期間にカナダのコーリングウッドに3週間の短期留学を行っています。現地のホストファミリーのもとでホームステイをしながら、語学研修やボランティアなどに取り組みます。

夏ボラ(4年生)

4年生は、夏休みの期間に全員参加のボランティア体験を行います。5月からワークショップなどで準備を始め、生徒自らボランティアの受け入れ先を探し、決定していきます。活動を通じて、社会の一員として積極的な人間関係を築き、社会の中で自らの生き方・役割を考え、将来の夢や職業への関心を高めることを目的としています。

ページトップ

〒157-0074 東京都世田谷区大蔵2-8-1 tel: 03-3416-1150 fax: 03-3416-3899