リサイクル活動

ペットボトルキャップの回収


本校では奉仕活動の一環として、「キャップの貯金箱」運動に参加しています。学校や家庭内で出たペットボトルキャップを集め、回収業者へと引き渡されると、ここでペットボトルキャップが換金され、アフリカの子供たちのためのワクチンへと交換されるという仕組みです。人助けだけでなく、ペットボトルキャップの再利用は、CO2の削減にもつながる環境に優しい取り組みでもあります。現在、生徒会役員と生活環境委員の生徒が中心となり、全校生徒へ働きかけを行っています。

キャップ実績レポート
個数・重量 ワクチン種類 CO2削減量
2012年 3月
38,800 個   
97.00 ㎏   
ポリオ/小児麻痺
48.5人分
305.55 ㎏   
2012年 3月
9,200 個   
23.00 ㎏   
ポリオ/小児麻痺
11.5人分
72.45 ㎏   
2013年 3月 13,200 個   
33.00 ㎏   
ポリオ/小児麻痺
11.5人分
654.50 ㎏   
2014年 3月
18,000 個   
45.00 ㎏   
ポリオ/小児麻痺
22.5人分
141.75 ㎏   
2015年 3月 15,000 個   
37.50 ㎏   
ポリオ/小児麻痺
18.75人分
118.13 ㎏   
             
これまでの合計
総重量
737.00 ㎏

支援活動


 本校では、被災地でのボランティア活動、発展途上国への支援、リサイクル運動による環境問題への取り組みなど、様々な活動を行っています。その一環として、ベルマークや書き損じハガキ、古切手の回収にも取り組んでいます。毎年この時期になると、生徒会が中心となって、全校生徒へ呼びかけを行い、ベルマークは車イスなどに、ハガキや古切手はお金に換えて、助けを必要とする人たちへ送っています。この取り組みは長年続いており、この奉仕の精神が次の代の生徒会に伝わっている素晴らしい取り組みです。



〒157-0074 東京都世田谷区大蔵2-8-1 tel: 03-3416-1150 fax: 03-3416-3899