TOPICS

2020.11.256年生

6年の日

11月20日(金)、他学年の校外学習がすべて中止になり休校となった中、6年生だけが例年通り登校し、「6年の日」の一日を過ごしました。名称からは何をするのかよくわからないですが、実際には、学校長や神父様の話を聞き、自分のこれまでの日々を振り返り、自分の傍にいてくれた人への感謝を新たにしながら、静かに過ごす日です。恒例の、クラス全員で取り交わす「ラブレター交換」の場面では、友人たちの自分に対するあたたかな言葉に感激する生徒も多くいました。午後のミサでは、それぞれの「決心」を記したカードを奉納し、自分の未来を強くイメージしました。学校行事のない日々を過ごしてきた6年生にとって、心に残る大きな一日となったことでしょう。